主演アーティスト

ピアニスト&チェリスト「レ・クロッシュ」

プロフィール

レ・クロッシュ
宇宿真紀子(ピアノ)と宇宿直彰(チェロ)による姉弟デュオ。
「レ・クロッシュ」とは、フランス語で「鐘」(複数形)の意ですが、共に幼児期にフランスに渡り、日々教会の鐘の音を聞きながら成長したこと、ピアノとチェロのデュオを二つの鐘の響きの重なり合いに喩えたこと、 また、スペルこそ違いますが、日本語にすると同じレ・クロッシュと書かれる ”les croches” はフランス語で「8分音符」の意になることなどから命名されました。
オフィシャルウェブサイト http://maki-nao.com

宇宿真紀子(ピアノ)
父親の赴任に伴い幼児期に渡仏。
コルマール市コンセルヴァトワール、フライブルグ高等音楽院(ドイツ)を経て、パリ高等音楽院、ルエイユ・マルメゾン音楽院(院相当課程)ピアノ科と室内楽科をともに一等賞で卒業。
フランス国内のみならずスペイン、ロシアその他の国際音楽フェスティバル、公式記念行事等に招かれソロ演奏を行うとともに、 これまでフランス国立放送協会のオリヴィエ・メシアンホールにおける同オーケストラとの共演を始め、 チェコ共和国 カルロヴィ・ヴァリ交響楽団やロシア サンクト・ペテルブルグ(建都300年記念)における同オーケストラ(指揮アレクサンドル・カントロフ)との共演などにより絶賛を浴びている。
パリ日本文化会館において同館主催によるリサイタル、ショパンフェスティバルなどにも出演し好評を博している。
他方2001年からは毎年日本各地(北海道から沖縄まで)で、弟とソロ&デュオリサイタルを開き、今日までに100公演を越えている。 2005年にファーストアルバム「夢のあとに」、2008年にセカンドアルバム「愛の夢」、サードアルバム「アヴェ・マリア」、2010年にはピアノソロアルバム「シューマンの宝石箱」をリリース。
NHK-FM「名曲リサイタル」にも出演するなど、いずれも日本人の感性とフランスの響きの融和として高く評価されている。 仏国立放送協会主催コンクール大賞、ニコライ・ルービンシュタイン国際ピアノコンクール3位、カマイオーレ国際ピアノコンクール(イタリア)1位、クロード・カーンコンクール(フランス)1位ほか、 仏国内外で優勝・入賞。ヨーロッパと日本を中心に活躍中。

宇宿直彰(チェロ)
父親の赴任に伴い幼児期に渡仏。
コルマール市コンセルヴァトワール、ストラスブルグ音楽院を経て、パリ高等音楽院、ルエイユ・マルメゾン音楽院(院相当課程)チェロ科と室内楽科をともに一等賞で卒業。
フランス国内のみならずスペイン、ロシアその他の国際音楽フェスティバル、公式記念行事等に招かれソロ演奏を行うとともに、 これまでチェコ共和国 カルロヴィ・ヴァリ交響楽団やロシアサンクト・ペテルブルグ(建都300年記念)における同オーケストラ(指揮アレクサンドル・カントロフ)との共演などにより絶賛を浴びている。
パリ日本文化会館において同館主催によるリサイタル、ショパンフェスティバルなどにも出演し好評を博している。
他方2001年からは毎年日本各地(北海道から沖縄まで)で、姉とソロ&デュオリサイタルを開き、今日までに100公演を越えている。
2005年にファーストアルバム「夢のあとに」、2008年にセカンドアルバム「愛の夢」、サードアルバム「アヴェ・マリア」をリリース。NHK-FM「名曲リサイタル」にも出演するなど、 いずれも日本人の感性とフランスの響きの融和として高く評価されている。
仏国立放送協会主催コンクール第1位、パリ国際室内楽コンクール3位ほか、仏国内外で優勝・入賞。ヨーロッパと日本を中心に活躍中。