主演アーティスト

ハーピスト見尾田 絵里子

プロフィール

北海道出身。 12歳よりハープを始め、2003年に桐朋学園大学に入学。
2008年同大学研究科を修了。
第6回大阪国際コンクールにて入選。

オーケストラやアンサンブルを中心に活動しており、2007年にサントリーホール主催のレインボー21に出演。
2009年に札幌交響楽団ファゴット奏者の夏山朋子さんの演奏会に出演。
同年にリリースされた『羊毛とおはな』のCDアルバムに参加。
2010年クラシックを楽しむ会主催、指揮の小松一彦氏選抜メンバーによる第3回ニューイヤーコンサートに出演。
同年11月、PMFチェンバープレイヤーズコンサートに出演。

新日本フィルハーモニー交響楽団においては、 2008年小澤征爾指揮による多摩定期演奏会や スタジオジブリの映画「崖の上のポニョ」の劇中音楽や、それにともなったジブリの武道館コンサート、ツアーなど、その他数々の演奏会にエキストラとして客演している。 2008年より3年間ベトナム国立交響楽団の首席客演奏者を務める。

他にも読売交響楽団などの国内の様々な主要オーケストラに客演している。 今までにオーケストラスタディーを井上美江子、山口裕子各氏に、アンサンブル を蠣崎耕三、篠崎史子各氏に、ソロをマスタークラスにおいてヤナ・ブスコバ、セバスチャン・リップマン、マリークレール・ジャメ,グザビエ・デ・メストレ各氏に手ほどきをうけ 今までに堤祥作氏、現在はヨセフ・モルナール氏に師事している。

メッセージ

オーケストラを中心に活動しています。だからコンサート会場で遠くから私の演奏を聴いたことがある人は結構いらしゃると思います。
クラシックにはいい曲がたくさんあり、人の生活にいい影響を与えることを少しでも多くの人に知ってもらいたいですね。
今年もまた『音楽室 ゆらぎ』でミニコンサートをさせていただく予定です。
ハープをこんなに近くで鑑賞できる機会はなかなかありません。ぜひ一度聞きにきてください。好きな音楽家はラヴェル・ドヴィッシーです。